あさはかなふかぼり

あさはかなふかぼり

もう、ペットは飼わないとおもっている話

愛犬のぴぴちゃんが旅立ち
一ヶ月が経ちました。

先代の愛犬スパッツが、生まれつきの病で若くして亡くなり、うちの人のペットロスによる症状が大変切なくて、迎えたコだった。

もの凄く愛した。





やがてうちには、おもいがけず人間のあかちゃんがやってきた。
人間のあかちゃんは、犬のあかちゃんたちより成長が遅くて凄く手がかかる。

ほっといたつもりはないけど
ほっとかれたと感じた時期が
ぴぴちゃんは、凄くあったと思う。
生きる期間が短いぶん、
犬が感じる時間感覚は
きっと人間よりずっとながいから。


うちの人とわたしの
犬と暮らし始めたその頃の状況も
どんどん変わっていった。
働きざかりだからね
そりゃあるよね。
ただ、そのころはわからなかった。

忙しくなって、就業のじかんがながくなって
どんどんながくなって。
いろんな人との(人としては喜ばしいことだけど)付き合いがふえ
さらに、転職したり、転勤があったり
家を空けてしまう。



ペットはわたしたちより早く
年をとる。
介護状態や病気になっても
人間の病気でさえ
他人には理解しづらい部分も多いのに
ペットが病気で…ペットの介護で…というのは
わたしの職場はとてもあたたかいとこなので
理解があって本当に幸せなんだけど
理解してもらえないことのほうが多いみたい。
そして、いまの上司たちだから良かったとしてもその人たちがいつまでも上司とはかぎない。



そもそも
いつ職を失うかなんてわからない。
そうなったときに
高額な治療費を
払いつづけることも
いまはできても
いつかできなくなるかもしれない。


ましてや、自分が突然死んでしまうことだって
なくはない。

協力状態でお世話をしているパートナーをうしなうこともあるかもしれない。


人生には想像もつかないことがおきるでしょ?



酷いこというけど
動物の死体は燃えるゴミに出せるってしってますか?
事故は物損扱いだってしってますか?

悲しいかな、動物はもしも飼い主が飼育してできない状況になったときには
人間みたいに保護してもらえない。



ちゃんと、そこまでの覚悟と用意できる人が
ペットを飼うしかくのある人といえるのでしょう。
残念ながら、わたしはしかくもないのにペットを飼ってしまい幸い自分がなんともないうちに
ペットを喪ったんだと思います。




それをぴぴちゃんが身を持って教えてくれたとまては思いませんが
今ペットを飼い始めようかな?と
思っているひとへの
ちいさなメッセージです。




わたしはもう二度とペットは飼いません。
わたしには、ペットを飼う
しかくも覚悟もいまはないから。

ある蜘蛛の稼ぎ

うちの玄関先に
七月くらいから2匹の小さなくもがいて、
もっと嫌な虫を捕獲してくれるなら良いわよと
そのままにしておいていた。


彼らは、夜になると糸を貼り
朝になると、糸ごとどこかにかくれてしまうのね。

朝にわたしはいつも
くもよおつかれ。と、思う。




というのも
最初はそうでもなくて。



今年の七月は、とても暑くて
彼らのターゲットの小さい羽虫が盛んに我が家の玄関先にやってきて、その糸にかかった。


だから、七月はしばしば
彼らは大変で、朝になっても
うまく撤収しきれなかったりしてて、
まだそこにいたりして。
羽虫の死骸が酷くてと、それがかかった蜘蛛の巣もあまりにもで
蜘蛛ごとはらっていたのよ。
でも、殺しはしなかった。


わたしが彼らじたいを
無論好きなわけではなくて
若い女の子みたいに
いやーん!虫きらーい!
などとのたまいつつ
これまで長年いきてきた逞しさを誇るかのように、いやああぁぁぁ!でもすまん。たる
毅然としたムシコロリ的な防虫策をとることは
考えなくもなかったけど、
夜蜘蛛は、神様のお使いと小さい頃にきいていたせいか、ただ面倒だったのかは自分でもよくわからない。



だからなのか、また次の晩には
おなじとこに蜘蛛がいて。




8月は、異例なほど涼しい夏になり
わたしの職業の商売にも
一部的にだけど影響がでたくらい。
今年の東日本は、へんな夏だったね。


そう。
だから、寒いから。
羽虫は盛んには発生することなくなって、軒先には、たいして集まらなくなった。
でも、かれら蜘蛛は7月にわたしがあんなにはらったにもかかわらず
まだそこにいた8月。


あの7月のフィーバー時代を、忘れることができないのかしらね…。
と、そのときは思った。

多分もうあんなフィーバーは
あなたがたが生きているあいだにはもうないから。
ほら、こんなに風が冷たくなってる。
別の猟場にいきなさいよ…

ところがいみじくも
あっ、このうちのおかあさん!わたし、夜しか出しませんから!朝になるまえに、撤収しますんで!
なんて聞こえてくるようであるのです。



そして、彼らはまだうちの軒先にいて、
朝晩と設営撤収をつづけているんです。
彼らの寿命を考えてみれば
こんなに永くつづけているんだから
きっと、この稼ぎで充分なのでしょうね。



秋風が吹く吹く
今日この頃。
わたしも、彼らのように、これで充分という生き方をしたいな。
と、共感するあまりに
今もやっぱりムシコロリ的なことをできずにいます。

常識とは

非常識なことが起こると
普通こうじゃ、ありませんよね?

普通じゃないですよね?

と、
自分常識が、おかしいのかな?
って、相談されることがよくある。
けど。


いやいや
常識というのはね
あいまいなもので。


それで傷つけられるようなことが
あったとしたら
良くないけど
自分の常識外であった、ということだけで
腹をたてたりするのは
自分がすり減るだけですよ。


それでもどうしても
いやだとおもうなら
自分のなかの常識に
しっくりくる場所に移っていいんですよ
選べないと思っているのは
自分だけで
本当は選べるはずなんですよ。

【接客シリーズ】商品説明ははなしをきいてから


店内におきゃくさまがはいってきました。


なにかをじっとみつめています。



そのとき、あなたは
どんな声をかけますか?




どんなんでもいいから声をかけなさいと
教えられている新人店員さんが
多いとおもいます。
もしくは
「可愛いですよね」
「今日入荷した商品です」
「最後の一枚です」
このなかのなにかをいいなさい。
と、言われている人も少なくないんじゃないかな。

これで
ツンとされちゃうことが多いから
お客様は接客されたくないんじゃないかな
なーんて、思っていたら
ちょっとわたしの話をきいてみてね。




だいたいの店員さんが陥る罠はそこなんです。
上手な接客とは
自分がとにかく喋りたおすことって
思ってるの。



だから、空白の時間が怖くて
隙間は、意味もなく「あはは、うふふ」
で埋める癖につながる。




大丈夫!
あなたは、話さなくて大丈夫!
安心して!

ただし、聴いて。
お客様が、どんな人で
なにが欲しくて
ここにきたのかを。



接客が上手な店員さんとか営業マンとかは
ね、
はなしがうまいんじゃ、ないの。
はなしを聴きとることが
うまいのよ。



人間には
誰かに自分のはなしを聞いてほしいという
本能的な欲求があって
それを満たしてくれた人には
お返しをくれるものなの。
逆だとしたら、
ああ、この人には
わたしの気持ちは、伝らないから
もういいや。ってなっちゃう。

だからプイっと、ツン、とされちゃうんです。



そして
だいいち、はなしを聴かなきゃ
なにが欲しいのかすら
わからない。
その状態で、商品のおすすめをするということは



おしつけでしか、ないのですよ。

女性を、奥の席に座らせない男は論外

飲食店の奥の席って、だいたいソファー席だし
まあ、まず上座ですよね

ビジネス的な会食の場合なら
客か上司は、
奥の席へ誘導しますよね。


ただし
男性が客or上司だった場合って
みなさんどうしてますか?
わたしは、ビジネスシーンにおいて、
限定でいうと
心情的にはどっちでもいいんですが
客or上司に恥をかかせてはいけないとおもうので
すすめられても
すすめられなくても
奥の席にに座ります。
女性ですから。



ビジネスシーンの心情的には、どうでもいいんですが
プライベートアイでみたときに
それはなんだか
男の人としてみっともないと
映るんです。


ああそうね。



天然で、ダーンと奥席に座っちゃうような
男性は
だいたい店員さんに
初対面でタメ口で
横柄な態度をとる方が多いわ。


そういう方とは
いくら天然で
悪気がなくても
「もう2度とご一緒したくないな」

おもいます。


だってそういう方って
わたしはおろか
わたし以外もそう
自分以外のひとは
どうでもいいんだもん。
どんな関係だったとしても、
その未来を描けないわ。



最近の風潮での
女性上位的な考えっておもう?
そんならそれで非難されてもいいけど
そういう意識ないのって
自分さえ良ければいい人なんだなって
思われちゃうよ



モテないよー?
男からも女からも。

イライラ連鎖をくいとめよう!!

地域の祭りでの、ちいさなイライラをみた。
そしてわたしも
愚かにもイライラしてしまった話し。



子供向けのワークショップで
一列に並んでいる子供たち。
先頭は我が子たち。

ウロチョロするわけではなく
ただ、身を乗り出して、
列を乱すわけでもなく
友達と一緒に、その様子を
身を乗り出してみていただけ。


それなのに
真隣にすわっている係員が
「ちゃんと並んでない子は(順番を)抜かすから(後ろに並んでる子を先にするから)ね。」




おい、それはなんだろうか?




子供がちゃかちゃかはするのに一日中つきあっていてイラついてるんだろうけど
身を乗り出したくらいで
危険があったり、迷惑をかけるシーンではないぞ?



なんだ、それは。
大人気ねえな。
イラ…
こっちもイラついてくる。







とあるお店で見たこと。
お年寄りが、なかなか小銭をうまくだせず
渋滞のレジがますます滞っていた。

レジ員イライラ
なにも言わないけどイライラしている。
真後ろのお客さんがそれを見てイライラしている。

おばあちゃんにではない。
店員にイライラしている。
イライラしている店員にイライラしている。


店員の気持ちはわからないでもない。
もっと後ろのお客様を気遣って
イライラしていることは
よーく、わかる。


だがな
そこでイライラしたってしかたがない。
冷たい表情で
イラついた態度まるだしにしてるくらいなら
「お客様、お手伝いしてもよろしいですか?」
と、ニコニコしたら
どう?
どんなに、その場が和むかしら?






しかし
今日のわたし

とある、近所のショッピングセンターから車を出すときのこと。
そこは、道路づけが悪いのと、人気なのもあり
土日はいつも酷い渋滞なの。


無理に向こう側の車線へ車のあたまをつっこみ
捻るようにはいろうとした。
なぜならそうしないと
わたしの行きたい方向には行けないのと
タイミングを見定めないとわたしの後ろの出たい車に乗ったひとのしかめっ面がミラー越しにイライラ。
今だーっ、と、勇気出して飛び出したわけ。

すると、手前の車線に車のおしりがでっぱるようなかっこうになってしまい、
あろうことか後部の車の進路を止めてしまった。むしろ邪魔くさい車とあいなった。


でもね、わたしの直前の車がもう、すこしでも前にでられる余裕があったため、前の車に対して、ミラー越しに
「もっと前にいってください」とサインをしたが…まったく、うしろを見ていない。



後ろいらいら
わたしいらいら
車内でいらいらして、もっちょっ、前に、
いってえー、もー、わたし、どしたらいーのー
などと、ボソボソイライラ
たぶん何度も
同じことつぶやいている私に




娘が



「ママの、ことば、もうききたくない。」




そうね、たしかに。
娘もイライラしたわね。




イライラ連鎖はどこかで止めないとね。








うん、またなんだ。
頭でわかっていることをまたやってしまう。
それが、ザ人間!!

恋はいいけど金は面倒みない

はっきりいいます。
わたしは夫の浮気?
浮気というか、
夫の家庭外での恋愛を
禁じていません。


勿論、最初からそうだった訳ではありません。

色々あって
諦めたんです。
彼は、もてるから。


最初はもめたよ。
人にいえないくらい
恥ずかしい修羅場は何度もあった。
恥ずかしい修羅場を人に見られたことだって
ある。



そんなこんなを
ながくやっていると
疲れはて
すっかり色気もなくなって
わたしも
彼に対して恋愛めいた感情は
もはや
皆無なのです。
不倫は浮気は悪いことだ
悪いー
悪いー
悪いことはしちゃだめだーー
と、いう正義感がなかった訳ではないです。

でも
それに苦しめられるくらいなら
自分だってその気もないんだし
もう、そんなこと言ってるより
認めてしまったほうが
わたしにいいかなと
思うようになった。


そっから
自由な気分になれました。
「普通にかんがえたらだめだろー!」
って考えを取り外したら
わかるんです。
だって、恋愛って、
このうえなく楽しいじゃない。
それを、大事なひとがしているんだから
楽しんだらいいじゃない。




と、思うのです。



わたしは
あまり、友達がいません。
癖が強いので
すぐに嫌われてしまう。
いまはまだましになったと思うけど
若い頃は、本当に酷かった。
でも
そういうつまづきでいつも悲しかった。
そんなとき、彼はいいました。
それなら、俺が
友達もしてやるよ。
全部俺でいいじゃない。



だから結婚したんだと思います。
あの頃は、永遠の友達が、欲しかったのかもしれません。
最初は恋人でした。
でも、いつからか、
友達になったんだろうな
わたしはわたし
あなたはあなた


だけど、
ソンな君の友達であるわたしは
君のお母さんでは
ないんだよ。
彼女とのデート代や
プレゼント代までを
わたしが負担するのは
未成年でもあるまいに
もううんざりなんだよ。




君に幸があるように
と、心底おもっています。



ただし金のことは別だぞw