読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさはかなふかぼり

あさはかなふかぼり

【接客シリーズ】売れる接客とは、断言できる自信があることかな

わたし、昔アパレル店員だったんですよ


まーあ、まあまあ
不出来なスタッフでね
自我ばかりつよくて生意気。
そのくせ、たいして仕事はできないし。
馬鹿だし。
だから、本部から嫌われてましたよね



そんなわたしは
いまや「プロ客」です。
プロ客とは、客として買い物をしつつも
その客状態を自分の糧にしている者のことだと思っていただけましたら幸いです。



そういう訳の、わたしの場合、服を買うときは
接客されなければ買わないの。
ただ、これは「プロ客だから」以前に
服はコーディネートして買わないと、
その服の良さがいきなくなるから。

要するに、単品買いだと
着なくなって
無駄になるからという理由で
店員さんさんの手助けなくして購入にいたらない、と、いうことなんだけどね。
ほら、試着しようにも、あれこれもってきてもらいたいし、脱いだ服を自分で片付けたくないし、
着た姿、シルエットの客観視だって手伝ってもらいたいじゃない?



接客されるのが嫌なひともいるから
声をかけるのが怖いっていう意見もあるんだけど、
へんな声かけるから
「あ、、、うん、、、あなたじゃないから、、ごめん、、、」
ってなるのね
この話はまたこんどね。





そこはとびこえて
いざ、接客。


そのときにね
店員さんがブレてると
無理なの。
今日は、なにがいいたいかというとね。


大体の店員さんは
客の不安に右往左往するってはなし。



たとえば
2つの同じようなアイテムで
お客様が迷っているとき。


じゃ、たとえば
V開きのニットと丸首のニット
ふたつとも買ってくれたらいいけど
どっちかひとつ、という場合


お客様は悩んでいますので
いいます。
「V開きのほうが、痩せてみえるよね…」



そうですねー…




「でも…あまり肌を見せたくないんだ…」




じゃ、丸首ですねー…




「でも、V開きのが、痩せてみえるよね…」



そうですね…



「でも、あまり肌をみ……endless…




ほら。




どっちがいいの?
どっちがその人の求めている自分になれる?
その人は、なにが欲しいの?
服じゃない。
そのひと、どんな自分になりたいの?






最近、甥っ子が高校入学したので
お祝いのプレゼントを買いに
セルバのABCマートにいきました。
迷う。
わからない。
高校生男子になにがいいのか、わたしにはわからない。


そこで、接客してくれた店長が
「高校生なら、絶対エアマックスエアマックスです!」と、いう。
そうなのー?なんていいながら
他のも物色したりしてたんだけど
「いや、エアマックスですよ。やっぱりエアマックス!」
と、断言。
そう?じゃあ、そうね、それにするわ!
と、なるじゃない?



これがね、もし
うーん、エアマックスがいいかもしれないけど…こっちも…あ、これでもいいのかもしれません…色ですかあ…
僕、高校生じゃないからなあ…



などと言われようものなら
もう、買えないんですよ。
その店では
選べないんです。



贈り物じゃなくてもそだよ。
わたしには、どっちがいいと思う?あなたの意見をきかせて。
というお客様に対して
そーですねー…じゃ、こっちですねー…の繰り返しでは
なんのお役にもたっていないということ。





ところで、
無口無愛想な高校生甥っ子は、エアマックスをまえに、目をかがやかせて喜んでくれました
ヽ(´▽`)/




断言できるほどの
自信をつけましょう。
プロになりましょう。

わしのjyomon

前回、あまりにもだれもいないと
嘆きのブログをおおくりした
縄文の森。
http://kesidayo.hatenablog.com/entry/2017/02/26/212140縄文の森に行こうよ - あさはかなふかぼり




本日再訪したところ
ワークショップのルームには
すでに10組くらいの参加者が!!



わたしのブログの影響ですね。











念のため言っておくと、
冗談です。






あんときの
土偶がそろそろやきあがったので
いただきに来ました。








現代の人形においては鼻は通常、固定されていますが、縄文式では
アタッチメント式です









念のために言っておきますが
冗談です。






受け取りにきたものの、
せっかくくたので再度
縄文ワークショップに参加しました。





▲小2作の土器



▲わたし作の土器。超ダサい。













なんだよjyomonって。










これが焼きあがって
渡されたときに
頑固な焼き物師かのように



ばーん!




と、ゆかに投げつけて

ちがう!
ちがう!!
ちがーう!!!




とか叫んで





縄文とわしは
まだまだひとつになれていない
わしの縄文は、
わしの縄文は!








と、騒いで、警察のお世話になろうとおもいます。






念のためにいっとおくと
冗談です。














ところで、せっかくハテナにブログ移行しましたが、
リンクの埋め込みかたが、わかりません。

実力のある人は、先を見ている

とある有名な会社の、分社化したとこの社長と、たまたま親戚なので、
会って話す機会があった。



その人は凄い人でね。
あんまりいうと誰なのかわかっちゃうかもしんないから、ご迷惑かけてもアレなんで
いわないけど
とにかく、営業マンたるもの彼にまなべ!
というほど凄い人なんだよ。
人間力のみで
億単位の金を動かす人っていったらいいのかな。




家族的な集いだったけど
子供たちもいたせいもあり、
なんとなく、
これからの社会の話になったときに
彼は
「うちも、いまのままじゃだめなんだ」と言った。



今、物はどんどん売れなくなっているし
いままでのやりかたが
ぜんぜん通用しなくなっている。
ただ、伸びている産業はなんだと思う?
ある種の興行は、数桁伸びなんだぜ、クミちゃんしってたか?
と。



正直、
それは知らなかったよ(笑



その上、億単位彼がいうことには
これからは
小さな積み上げが必要。
そして、それらは、手がかかることになる。
って。




まあまあ
億単位稼ぐのに
人対人の面で、ちゃんと
人を大事にしてきた人のいうことだから
彼の武勇伝を知っているわたしは…





わたしは



「あっ……」
と、思ったよ。
これがヒントさ。





まだ10代の姪っ子がいう。



服は、そんなにいらない。
でも、旅行には行きたい。




ほら、
体験には、お金を払うんだ。
いままでのやりかたでも、
局地的に伸びてる部門もある。
でも、それだって地域的に数時間遅れてるだけで、このまんまじゃだめなんだ。
なにか、見出していかなければ





きっと、彼の会社は安泰でしょう。



販促の話になると
やっぱり、人と会うこと
マスじゃなくて個人に訴えることの
アイディアを
話してくれる。









では、
わたしたちは、なにをしたら良いのでしょう。











それは、自分で考えなきゃね♪

自分でレールを作る人と走るのが好きな人

仕事を自分のレールにのせてしまうことは
気分がいいだろう
だけど、だれかが作ろうとしている新しいレールについて
邪魔したり、ぶっ壊したりするのは
良くない。

新しいレールは、あくまで
別のレールなんだから
気に入らないとか
自分のレールのほうがいいのにとかいう気持ちは、人間なんだからあるかもしれないけど。

でも
いつまでたっても
古いレールでいいの?
劣化したりしていない?
レールも作り手も。
次のレールを作る人たちを
育てていくには
次の人たちにも、作らせてみなければ。



というような話を、最近した。
上司とね。
気の合う(と、わたしは勝手に思っている)
上司で、この人と話していると
自分が大人でいられるので
この人と、仕事論的な話をするのが好きだ。




さて、
レール。
会話のとおり
次のレールを作る人の育成も会社にとって
勿論大事だけど…と
得意のふかぼり。



会社や団体には
この場合において二種類の人間がいると思う。



レールをつくるのが好きなひとと
人のつくったレールを走るのが好きなひとだ。



レールをつくるのが好きなひとに
人のつくったレールを
正しく正確に
寸分の狂いもなく
走らせるように要求しても無駄だ。
勝手に、分岐を作ったり
わざと効果的なつもりで脱線をしてみたりするから
レールを作った人が気に入らなくなる。
だから、律する。

「こんなレールに乗っていられっかよ!あばよ!!」
となればまだいいけど
だいたいは、腐る。
腐ったまんま、そこに、ただいる。
自分は無能だと、卑下しながら


いっそのこと、
暴走列車になって
そのままどっかいっちゃったほうがよほど良い。
その人にとっても
その会社にとっても。
だって、
能力が活きる場所が違うだけなんだから。



そして、たとえば
会社の全員がレールを作るひとだとしたら
どうなるだろう。
どのレールにも、列車がはしってこないんだ。
なにもうごかなくなる。



だから、
2つのタイプの人は
どっちも
必要なんじゃないかなと思います。




レールをただしく走るほうが楽そう?
とんでもない!!
セーブして、調和して
ミスなく走るなんて
わたしにはできないです。
でも、できる人もいる。




ただね、
最初の話に戻るけど
次のレール作る人を邪魔しちゃだめなのは、これ、ほんとそうよ。
勿論、走る人も妨害しちゃだめ。
むりにそういうことすると
パニックになるからさ

逆に事故るからさ。






つーか、どっちもできる人が
できる人なんだろうけど
あんまりいないやね。

【公共っぽい施設シリーズ】福島県版





猪苗代湖ちかくへ行ったので
アクアマリンいなわしろカワウソ水族館






多分、かの有名な
アクアマリンふくしまと、なんか関係あるのかな。


展示物はおもに

カワウソ






カワウソ、可愛いね。
戦前までは、日本にも棲息していたんだけど
乱獲などで、日本のカワウソは絶滅したらしい。
この、マリンピアいなわしろは
絶滅危惧種について、
うったえかけることがテーマなのかな。
そう、感じた。





カワウソ以外に
展示している動物は
おそらく、むかしの日本でよく見られただろう、どじょっこふなっこの類い。
あとタニシとか。


タガメや、げんごろうなんて
みんな、本物みたことある?
わたしは…わたしでさえ、
じつははじめてみた。






さて、この施設は
展示品や、パネルは大人にとって
興味深く、施設、設備も立派なものだし
記載してある文章も、なんだか
たとえが愉快で興味深く
大人のわたしは
大変におもしろかったんだけど



子供向けに用意されたものが
手づくり






とくにこの、春を表現するディスプレーは

ちょっとすごいなと思った。






















お次は、民俗資料館

佐々木家とかいう、当時の上層農家。
時は明治大正?

昭和初期とかかなのかな。













上層農家には、寝食をともにする下男下女が
存在したのは、浅い知識でもなんとなく
知っていたが

一番、年若い下男夫婦の部屋が
これとは…
足伸ばして寝ることもできないのか。
凄いな。







他の下男下女たちは
だだっぴろい
養蚕してる部屋に
雑魚寝だったみたいだな。


さらに
上層でもない普通の農家では
たたみすら敷かれていない土間に
家族が、敷物を敷いて雑魚寝だったとか。
知らなかったな。
凄いな。


でも、よくよくふかぼりすると
それが当たり前なんだったとしたら
それはそれで
なんとも思わず
そうやってくらしてたかもしれないなー。。。
囲炉裏の側で、
なんとなく、ゴザでも敷いて、
布団にくるまって
ふあー、おやすみー
なんて、言ってたのかもしれないなあ
なんて思えてくるから
人間の常識なんて
なんだかな。






えっ




えっ





あとで、ネットで調べてみたら
朝寝朝酒朝湯が大好きな
小原庄助さんとは
実在の人物なのかもしれないけど
架空の人物なのかもしれなくて
つまり
いったい誰なのか、
よくわからないらしいね。





由来のこと、
施設の人にちゃんと聞けばよかったな。。。

クミちゃんは味のしなくなったガムをいつまでも

わたし、なまえ久美子っていうんですよ。
ブルゾンちえみが「クミちゃん」っていうから
なんだか話しかけられているみたいで
気になってしまう。


「クミちゃんは、味のしなくなったガムをいつまでも噛み続けるんですか。」





はい、クミちゃんは、
味がなくなったガムは吐いてしまうけど
恋愛は、どっちかっていうとキャンディかなっておもいます。
別れてしまっても
口のなかにまだ残っていたら
その恋はまだおわりにならなくて
自分の意思で吐いて棄てるというよりは
いつか
自然に溶けてなくなるもの。

ラムネみたいに
あっというまに溶けてなくなるものもあれば
なかなかなくならないものもある。
でも、どっちにしろいつかは
なくなる。
ガリガリに噛んでしまえば
なくなるのは早いかもしれない。


と、お笑いネタにたいして
かつての恋愛を思い出して
そんなことをふかぼりする
クミちゃんなのであった。

地底の森

 

 

 こないだは、縄文の森にいったけど

http://kesidayo.hatenablog.com/entry/2017/02/26/212140

 

 

 

 今日は、地底の森とやらにきてみた。

f:id:spatspipinfuko:20170325171009j:image

 やっぱりここも、休日だというのに

駐車場にはうちの含めて3台しかとまって

いませんでした。

ゆっくりできて、サイコーです。

入館料は、大人450円です。

宮城県内の小学生は、学校から配布されるなんだかパスポートをもっていけば無料。

 

 

 

 

2万年前、ここにあった石器時代の遺跡を

そのまんま展示してるんだってさ。

 f:id:spatspipinfuko:20170325171826j:image

 ちょっとすごい。

かなり貴重なものなんだろうなこれ。

 

 

 

 

スライドショーが15分おきくらいにあるみたい。

f:id:spatspipinfuko:20170325171025j:image

 

 

 

 

 

石器時代、富沢に狩りにきた人らしい。

f:id:spatspipinfuko:20170325171039j:image

 

 

 

 

 

鹿

f:id:spatspipinfuko:20170325171106j:image

 

 

 

 

 

外には、氷河期の森

f:id:spatspipinfuko:20170325171234j:image

 

 

 

 

 氷河期に生えていたようなかんじの植物を植えて、展示しているんだって

 

 

 

これとかがそうなのかしら。

f:id:spatspipinfuko:20170325171209j:image

f:id:spatspipinfuko:20170325171217j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:spatspipinfuko:20170325171138j:image

なんて読むんでしょう。

氷河期の遊びなんですかね。

 

 

 

 

 

はい、顔ハメ

f:id:spatspipinfuko:20170325185302j:image

 

 下にいる、白髪のおじいさんは

富沢博士という人らしい。

 

 

 

地底の森には、多分、

あまり来ることはないと思います。

縄文の森とちがって

ワークショップとか、あんまりやってないんですよ。

貴重なものが展示されてるので

あんまり人がどかどかくるのも、困るのかな。

 

 

 

展示されているものは

面白いですよ。

小さい子より、大人にいいかとおもいます。