読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさはかなふかぼり

あさはかなふかぼり

ヨシダ販促やめるってよ

くみごと

 

 

ぎゃーーー!

 

 

 

 

f:id:spatspipinfuko:20170228210534j:image

 

 

 

 

 

 

ジョブローテーションでーす!!

12年間、販促しかしていなかった

この、わたしが

営業だってよーー!

 

 

衝撃だよーー!!

 

 

一生、販促だとおもってたよーー!!!

 

 

 

こんばんは、

ヨシダです。

 

わたしのことを知らないかたのために

って、

なにいってんだこいつ、おまえのことなど誰も知らない。

 

 

 

 

なので、

あらためて、自己紹介。

 

 

 

わたしはここんとこ12年ものあいだ

ずっとショッピングセンターの

販促(広報、イベント企画兼ねる)の仕事をしてきました。むいている、と周りから言われたし、自分もソノキになっていました。

とんでもない(ありえない)企画を、恐れもせずやってしまう、かみひとえみたいな技が得意です。

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

そいつです。

 

 

 

 

 

なんとなく年末くらいから

あれ、もしかしてわたし、干されんじゃね?

みたいな空気を感じていたのですが

干されたわけではなくて

かわいそうに、ずっと同じ仕事をしていたのでもうカラカラだし、

他のことは、からっきし、

なーんにもできないから教えてあげなきゃ、、、みたいなやつなんですが…

やっぱり、知らない世界は不安だよね

うん、みんなそうだよね。

 

 

 

 

ただ、不思議とわたしはとてもワクワクしているんです。

12年、ショッピングセンターの販促の仕事をしてきて

わたしが導いた答えは

 

 

いくら金品をばらまこうが、いくら館の名前を載せる媒体を買おうが、無駄とはいわんがきりがない。

 

 

 大型店にとってだよ?

「究極の販促は、ひとつひとつのお店が独自化し、安定した売り上げを保つことだ」

 

 

 

 

そうでしょ?

ひとつひとつのショップがそれぞれが充分にやっていけたら、全体だってよくなる。

それが、そのお店にとっての一番の目的だし、お客様も大事なお店を失わない。

 

 

消費する側も提供する側も

ちょくちょく陥る「お得」に関する罠を撲滅させたい。と、常々考えていたんです。

 

 

 お得がだめなんじゃないです。

だってね

「お得」は嬉しいんいですよ。

でも

お得にはきりがない。

安さだけをもとめる顧客にすがってすがって

血を流しつづけたら…死ぬんですよ…

そのうえ、お店が死んだときに

その、お客様も泣くんですよ。

 

でも、なくなってからも

なお、お客様はきづかない。

 

だから、

気づいてもらいましょう。

どうして、あなたのお客様が

あなたのお店が好きで、

アマゾンやらぞぞやらで買えばいーものを

わざわざこんなとこまで買いにきてくれるのかねぇ、と。

わしがこんな体で、すまんねぇ…

なに言ってるの…おとっつぁん…

はあ…なにいってるの

 

 

 

 

悪いけど

誰が先にやって、あっちはなんだかんだとか、うちはこういうポジションだからとか、

よのなかがとか、わたしなんかがとか…

もう、やめよ。

 

はっきり言ってもはや、

沢山ある。

あなたのお店と似たようなお店がたくさんある世の中なのに、似たようで似ていない、

あなたのお店にきてくれるのは、

なぜなのか、

安いからじゃないでしょ?

ということを

お客様に

気づいていただいて

いっぱい応援していただいちゃいましょう!

 

 

わたしのこれからのお仕事は

それです。

いままで思っているだけで、手つけれなかったなー、と思うことに、手をのばせる。

だからわくわくしてるんです。

 

 

 

過程で悲しませたらそれはごめん。

でも、ズバッといくよ!

お店も、お客様も。

だから、一緒にやりましょう。大手術を。

 

 

タイトルは、釣りです。

すまん。

 

 

 

 

ヨシダ、ますます販促やるってよ!

 

 

 

 

 

やべえww

また自分で追い込んだわwwww