読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさはかなふかぼり

あさはかなふかぼり

クミちゃんは味のしなくなったガムをいつまでも

わたし、なまえ久美子っていうんですよ。
ブルゾンちえみが「クミちゃん」っていうから
なんだか話しかけられているみたいで
気になってしまう。


「クミちゃんは、味のしなくなったガムをいつまでも噛み続けるんですか。」





はい、クミちゃんは、
味がなくなったガムは吐いてしまうけど
恋愛は、どっちかっていうとキャンディかなっておもいます。
別れてしまっても
口のなかにまだ残っていたら
その恋はまだおわりにならなくて
自分の意思で吐いて棄てるというよりは
いつか
自然に溶けてなくなるもの。

ラムネみたいに
あっというまに溶けてなくなるものもあれば
なかなかなくならないものもある。
でも、どっちにしろいつかは
なくなる。
ガリガリに噛んでしまえば
なくなるのは早いかもしれない。


と、お笑いネタにたいして
かつての恋愛を思い出して
そんなことをふかぼりする
クミちゃんなのであった。