読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさはかなふかぼり

あさはかなふかぼり

恋はいいけど金は面倒みない

はっきりいいます。
わたしは夫の浮気?
浮気というか、
夫の家庭外での恋愛を
禁じていません。


勿論、最初からそうだった訳ではありません。

色々あって
諦めたんです。
彼は、もてるから。


最初はもめたよ。
人にいえないくらい
恥ずかしい修羅場は何度もあった。
恥ずかしい修羅場を人に見られたことだって
ある。



そんなこんなを
ながくやっていると
疲れはて
すっかり色気もなくなって
わたしも
彼に対して恋愛めいた感情は
もはや
皆無なのです。
不倫は浮気は悪いことだ
悪いー
悪いー
悪いことはしちゃだめだーー
と、いう正義感がなかった訳ではないです。

でも
それに苦しめられるくらいなら
自分だってその気もないんだし
もう、そんなこと言ってるより
認めてしまったほうが
わたしにいいかなと
思うようになった。


そっから
自由な気分になれました。
「普通にかんがえたらだめだろー!」
って考えを取り外したら
わかるんです。
だって、恋愛って、
このうえなく楽しいじゃない。
それを、大事なひとがしているんだから
楽しんだらいいじゃない。




と、思うのです。



わたしは
あまり、友達がいません。
癖が強いので
すぐに嫌われてしまう。
いまはまだましになったと思うけど
若い頃は、本当に酷かった。
でも
そういうつまづきでいつも悲しかった。
そんなとき、彼はいいました。
それなら、俺が
友達もしてやるよ。
全部俺でいいじゃない。



だから結婚したんだと思います。
あの頃は、永遠の友達が、欲しかったのかもしれません。
最初は恋人でした。
でも、いつからか、
友達になったんだろうな
わたしはわたし
あなたはあなた


だけど、
ソンな君の友達であるわたしは
君のお母さんでは
ないんだよ。
彼女とのデート代や
プレゼント代までを
わたしが負担するのは
未成年でもあるまいに
もううんざりなんだよ。




君に幸があるように
と、心底おもっています。



ただし金のことは別だぞw